186.アフリカンゲーム
BAOバオって言ったっけ。
マス取りゲームみたいな感じ?
木彫りの手作り感満点な盤に、
木の実のこまって云うのかな。
これは観光客用の、かなり出来の良いモノ。
質感が何とも言えない、飾っておくだけで素敵。

これを仕事をしない男たちが、木陰で興じる。
時間の流れが目に見えてくるような、大好きな光景でした。
現地人と勝負したこともあったよ、ダルエスの街角でね。
2005.10.05 Wednesday | Africans | comments(0) | trackbacks(0)
182.アフリカン時計バンド
時計バンド手持ちの時計を変身出来るアイテム。
これはラスタカラーのビーズを皮に縫い付けたモノ。

これを売ってくれたお兄ちゃんたちも、
えらい人懐っこかったなあ。
郵便局がたまり場だったよね?
皮は牛かしら、柔らかい素材です。
2005.09.27 Tuesday | Africans | comments(0) | trackbacks(0)
181.bangili 2
マサイブレス今度は皮に縫い付けたタイプ。
前に紹介したマサイウォッチと同じ作り。
かなり使い込まれた感じなので、頂き物だったかな?

細い針金が留め具で、
切りっ放しの皮をニョロッと巻いて止める。
同じブレスでもそれぞれ、作る人の工夫が見られるよね。
2005.09.24 Saturday | Africans | comments(0) | trackbacks(0)
179.bangili
マサイブレスあえて止め具のアップ。
6本の針金にビーズを通し、部分部分にプラスチックで止め。
何よりこのブルーの色が(写真よりもっと)とても綺麗で一目惚れ。
でも、この針金に通したブレスレットは安いもの。

1$=¥140=657Tsh @500Tshだったから、1$しなかったのね。
日本製の似たようなブレスも売っているけど、もう少し軟弱な感じだもん。
どうしてもタンザニアンの方が、心こもって感じてしまうわ。
前回までのアフリカンシリーズの料金表を↓に。
続きを読む >>
2005.09.20 Tuesday | Africans | comments(0) | trackbacks(0)
173.アフリカンな壷
ティンガ壺久々、タンザニアン。
掌サイズの可愛い、ティンガティンガ柄の壷。






2005.09.10 Saturday | Africans | comments(0) | trackbacks(0)
143.mkeka
タンザござ邪魔モノ一人(カアめ)。

mkekaふつうのござmsalaだと祈りござと辞書にある
(スワヒリ語常用6000語 東京大学書林発行)。
これがどちらに当るかは聞かずにいたけど、
草で編むござなんて日本にも通ずるでしょ。
編み方を教わったので、後は組めばござになる、
って言う状態で早何年。
せっかく市場のママに、繋ぐ針まで分けてもらったのにね。
それを見越して、日本に帰る最後の汽車の道中に買って来たの。
2〜3畳の広さになるものなので、そりゃあ持ち帰りは大変だった。
もったいなくてしまってあるけど、これからの夏場に活躍出来そうね。
2005.07.08 Friday | Africans | comments(0) | trackbacks(0)
140.mto
mtoTanzania産枕、
このスワヒリ語mtoには「川」って言う意味もある。
日本語の「箸」と「橋」みたいな感じ?

日本から3ヶ月のビザで入国、ケニアに出て3ヶ月の延長を
決めれた時に購入したんだっけな?
滞在も長期になってくると、生活環境も間に
合わせのものじゃ物足りなくなってくるのね。
同行のJちゃんは計画的に、飛行機で使うU字枕を持っていたんだけど、Akeyはそんな事に意識が回らず。
この枕も帰りは置いていけば良いやと思いつつ、愛着湧いて結局一緒に日本へ。
他にも、洗濯用に買ったプラスチックのたらいも持って帰ってくる始末。
ま、今でも重宝してるから良いよね。
2005.07.03 Sunday | Africans | comments(2) | trackbacks(0)
138.saa ya Masai
マサイウォッチ通称マサイウォッチ、カッコイイでしょ。
マサイ族のビーズ細工は有名で、またデザインと色彩が抜群。
ナイロビのマサイマーケットではピアスを、国境のマサイの町
ではブレスレット等など、結構買ってる。

で、このウォッチは、と言えば頂き物。
ホテルお付の観光マサイの中に、とりわけ長身の素敵なカレが。
その頃は言葉もほとんど出来なく、目に付いたこのブレスを
誉めていたらくれちゃったんだよねぇ。
こちらは焦って、確か3色ボールペンか何かをお返したんだけど、申し訳なくって。
だって絶対、このウォッチの方が価値高いもん。
皮に糸でビーズを縫いつけてあるので、帰国後にほつれボンドで修正。
先日の披露宴に久々にして行ったんだけど、もっと見せびらかせば良かったなー。
最高の宝物と言えるかも。
続きを読む >>
2005.06.27 Monday | Africans | comments(2) | trackbacks(0)
115.Mkoba ya ukonge
タンザリュック今ネットで調べてみると、ケニヤ産のものばかり。
これもナイロビで買った、サイザルと言う麻のバッグ。
確か引率のカーラ女史(スペイン人)と一緒に市場に出かけ、
Akeyが値切りまくったのを白い目で見られたような。

よく海外から帰って来る人が、空港で大きなお土産用バッグを
持って帰ってくるじゃない?
そんな感覚で購入後、背負って帰国。
1週間くらいのバックパッカーになれる位の大きさの割に、肩紐がしょぼいので実用的ではなし。
今も洋服入れになっております。
2005.05.19 Thursday | Africans | comments(0) | trackbacks(0)
111.kanzu
kanzu一目惚れして即購入した、いかにもアフリカンなドレス。
あちらではミシンを初めに扱うのは男性のようで、渡航を
重ねる度に女性率が高まっていたように感じる。
生地を2つ下りにして首を出すところと両脇をだーっと縫った
筒状のワンピース。
現地女性はもう少しくびれを出したり、
襟ぐりや裾をフリフリにしたワンピースを着ていたけど、
いずれにせよ現地モノは涼しい作り。
生地の折り方や縫い方に工夫があるのかな?

ちなみにこれを買っても、現地では恥ずかしくて着れず。
だって肌色やプロポーションの違いが歴然じゃん。
帰国してから結婚式などに活躍、髪はきちんとブレードヘアにしてね。
撮影に際し、裾をみき助に引っ張ってもらいました、有難う。
続きを読む >>
2005.05.09 Monday | Africans | comments(0) | trackbacks(0)
| top | >>
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE